バンコクに入国する前、入国した後の健康診断

タイ、バンコクに仕事のための出張、旅行の目的で出発する事前に、健康診断と感染症対策として、ワクチン接種や、予防接種、予防薬処方などが勧められています。

気候、食事、生活習慣がだいぶ違うので、体調が崩れることもあります。


ワクチンの接種、予防薬の処方は、現地の感染症や、流行病、肝炎などにかからないように防止するためです。出発の1ヶ月前くらいから、受診をして免疫をつけてから、入国しましょう。

DYM2015のことなら、こちらをご参考にしてください。

ワクチン接種にも、いろいろな種類があります。

湿疹、風疹、おたふく風邪、ジフテリア、破傷風、ポリオなどにかからないように防止するためには、ルーティンワクチンの接種が必要です。

A型肝炎ウィルスの予防のためには、A型肝炎ワクチンの接種が必要です。

これは、もし汚染された水を使用した飲食物、飲料または、生水、氷などを摂取した場合でも、感染しないように防止するために大切です。



B型肝炎ワクチンの接種は、もし現地で病気にかかった時に直接、血液や体液に接触しても、HBVウィルスに感染しないように予防するためです。

日本脳炎のワクチンの接種は、もしバンコクに入国する時期に、日本脳炎が流行っている場合は必要です。


それでも、入国後に病気に対して不安がある場合は、現地に行ってからでも健康診断を受けることはできます。


バンコク内で日本語が通じる内科、小児科クリニックDYMlnternationalClinicでは、血液検査、身体測定、視力検査などの健康診断とその他の問診が日本語で受けられます。また、疲労回復ためのビタミン点滴、禁煙外来なども行っています。

真剣にバンコクの高脂血症をあなたに紹介致します。